一人おでんの宴が始まる(写真大量)

IMG_0722

前日の夜から大根と卵を下茹でして準備しました。

IMG_0710

IMG_0711

圧力鍋でひと煮立ち。

IMG_0712

まずは晩ご飯として卵と大根だけを柚子味噌でいただきます。

IMG_0713

翌朝の卵と大根。

IMG_0714

用意した練り物たちと一緒に電気の卓上鍋に入れます。

IMG_0715

IMG_0716

IMG_0717

練り物を下にして煮ていきます。リビングの加湿器としても頑張ります。

IMG_0719

途中で大根の位置を下に潜らせたり、頭が出ている練り物が乾かないようにします。

IMG_0722

IMG_0723

時間をかけて朝昼晩と食べていくのです!

IMG_0724

IMG_0725

IMG_0726

IMG_0727

がんもおいしいです。最近ちくわの美味しさに気がつきました。自身で味を放ちつつしっかり汁を吸って大きく膨らむ・・・。大根は汁をすうだけで強い味をもたないので、脇役です。

味がしっかりしているおでんのタネといえば、つみれです。カルシウムも豊富です。

おでんは煮崩れにくいので、長い時間火をかけていても気にならないから、お一人様の鍋としてはかなり優秀です。煮崩れないと保存もしやすいですしね。

●ーソンでバイトしていたとき、うちの店ではおでんは深夜販売していませんでした。汁を捨てて(というか水洗いまでして)冷蔵保存して、翌朝、新しいだし汁で作っていました。汁を新しくしていけば長持ちするというわけです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す