動画「マラニックおじさんのおしゃべり皿洗い」

お久しぶりのご挨拶

こんにちは。水蕗です。声を入れるのはお久しぶりです。

今回から自らのプレゼン能力向上も兼ねて、3分~5分の喋りを入れていこうと思います。

とりとめもなく話してしまうとなんだかダラダラだべるだけでなんの実力もつかないので、原稿を用意して、それをベースに話を進めていきたいと思います。その原稿は概要欄に貼っておくことにします。

一字一句同じことを話すわけではありませんが、私も後で内容を思い出すことが容易になるので、しゃべりを入れるときは必ずつけようと思っています。ただ、文字数制限があるので、項目だけを立てるかもしれません。その場合でもブログの方には全文載せる予定ですので、概要欄もチェックしてみてください。

それではよろしくお願いします。

マラニックのお話

さて、タイトルについている「マラニック」ですが、これはマラソンとピクニックをくっつけて生まれた造語で、長距離をピクニックをするように楽しんで走るというものです。

冒頭に出てきたリュックはそういった長距離走るときに使うもので、フラスクボトルという水筒を肩ひも部分に装備することができます。

この日はこの装備を初めて使って、荒川を30kmほど走りました。

使い心地はなかなかよく、マラニックを楽しむことができましたが、なんだか体がついてきていない感じはしています。(腰も痛いし)

ちなみにこの日は父の誕生日でもあったのですが、父は行きたい場所があるとかで、実家に帰って一緒にごはんを食べることはしませんでした。

誕生日に用事があることは聞いていたので、その前に会ったときに誕生日プレゼントとしてちょっとお高い折りたたみ傘と収納袋を贈っています。

腰痛のお話

毎日HIITをやっていたら少し腰を悪くしたのでいったんやめて、ジョギングだけにしていました。そのまま、ジョギングもせず、おとなしくしていればよかったのですが、腰の柔軟性を高めようとして念入りにストレッチをしていたら、しすぎて怪我をしてしまいました。おそらく肉離れだと思います。

どのくらいのダメージだったかというと、ベッドから出るのに、うつ伏せになってずり落ちるように這い出るしかなかったほどです。そうなったのがこの翌日あたりのことで、休日で本当によかったと思いました。在宅勤務なのに欠勤、しかもその理由がストレッチのし過ぎとか、恥ずかしくて仮病を使っていたかも知れません。

ちなみに腰は、一部スムーズに動かないところがあるという感じだと思います。体は比較的柔らかいので、こういうひっかかりが別の怪我を誘発してしまうのだと思います。

なので、今でも懲りずに控えめにストレッチを続けております。

締めのご挨拶

はじめてなので、いったんきっちりやってみたのですが、面倒くさくなったら、もう思いつきでダラダラと喋っちゃうようになるかもしれません。

どちらにしても人とじっくりお話をする機会がないので、しゃべり方を忘れないようにこのチャンネルを活用させていただきたいと思います。

ご視聴ありがとうございました。またよろしくおねがいします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す