動画「自炊おじさんのおしゃべり皿洗い」

はい、こんにちは。水蕗です。

今回から以前のカメラに戻して、カメラの位置も変えて撮っております。今回の撮影は10月25日の日曜日の夜となっています。

前週は出社ウィークでしたが、明けてこの週も出社ウィークとなります。

それではよろしくお願いします。

体重が増えて標準体重になったお話

このところ、BMIが22.5程度で安定しています。

一度、この標準体重というものになってみたかったので何年もかけてごはんをいっぱい食べたりして工夫してきました。

ただ、いざなってみると、ちょっと体が重いです。

体脂肪率が上がってしまったので、そのせいだと思います。要は筋肉が足りていないわけで体重増量がいけないわけではないのです。

あと、冬は暖かくていいのですが、夏は暑いです。めちゃくちゃ暑かったです。

去年の冬より2~3kg重くなっているので、今年の冬はもっと暖かく感じると思います。

もはや体重の問題ではなく、肉の質の問題なのですが、ちょっとくらい体重を減らしても低体重にはならないというのは安心感があるので、これからシェイプしていこうと思います。

そういう意図でしっかりとした運動を始めたのですが、色々やりすぎて腰が痛くなりました。いまは腰はなんとか大丈夫になったのですが、今度は左腕が肉離れを起こしまして、もう踏んだり蹴ったりといった状態です。

何にしても急激な変化はリバウンドをともなうので、落ち着いてじっくり長期戦でのぞもうと思います。こういうものは年単位で考えないといけませんね。

体重はともかく、見た感じがシュッとすると良いと思っています。特に顎のあたりが少し気になり始めています。

土鍋ご飯のお話

一週間分のお弁当のご飯をまとめて土鍋で炊くので、土日のどちらかには土鍋が活躍します。

愛用している土鍋は萬古焼の炊飯用の土鍋で5合まで炊けます。値段はなんと5千円でアマゾンで購入しました。

「土鍋でご飯を炊くと炊飯器には戻れない」といいますが、実際そのとおりです。5千円の土鍋でも2万円くらいの炊飯器では相手になりません。きっとガスの火力のせいだと思います。

炊き方を簡単に説明すると30分浸漬してから強めの中火で10分加熱すると沸騰してくるので弱火にして10分。そのあと15分蒸らして一度撹拌したら5分~10分置く。

だいたい1時間ちょっとといったところです。タイマーにアレクサを使っているのでつきっきりになる必要もなく、だいたい動画編集しながらご飯を炊いています。

米や水の量ですが、浸漬した米に対して5mm程度水がかぶっていれば固めに炊けるので、そこを下限として水の量を調整しています。こういう基準で決めているので、きっちりと計らずともいつも安定して美味しいご飯が炊けるようになりました。

土鍋の炊飯はちょっとスキルが必要かもしれませんが、つけておいて無駄なスキルではないと思います。

私はこの土鍋でご飯を炊くというプロセス自体が好きで、ちょっとした気分転換にもなっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す